★九州レイドシリーズ99〜00★

 裏山探検隊長の館正訓を中心に、福岡周辺の里山迷路を探している。またオバQと組んで、とれとれ見学ツアーも実施している。今シーズンはオブシディアンを担当するためシリーズ戦は無いが、クロスランドラリーの道の難度は高く、そこで鍛えられた地元クリエイターの設定するミニのコースも期待度二重丸だ。

※4月1日と2日両日参加は5000円
 
日 程
大 会 名
エ リ ア
参加費
締切
担当デスク
コンテンツ
10月31日
双六ラリー 福岡県北九州市若松区
3000円
10/21
福岡D.
 
12月12日
やぐらしかラリー 長崎県波佐見町周辺
3000円
12/2
福岡D.
Report
1月3日
プラクティス山口(地区外)P 山口県岩国市周辺
3000円
12/20
SBJ
Report
4月1日
クロスランド1Day's Day 1 福岡県古賀市周辺
3000円
3/22
福岡D.
 
4月2日
クロスランド1Day's Day 2 福岡県古賀市周辺
3000円
3/22
福岡D.
 

プラクティス山口(地区外)P

とれとれ西中国 プラクティス山口2000

大会報告

 れとればいくには、中上級を対象にした大会として2日間のシリーズ戦とワンデイのミニがあり、初中級者を対象にしたスクールには練習走行会的なプラクティス、ツーリング的なリターンズ、講義と実技のとれとれスクールがある。

2000年最初のとれとれは、暖冬の晴天に恵まれた新年3日に山口県岩国市通津美ケ浦公園に集合し、昨年11月のレイド・クレインで走ったコースに新ルートを加えて、初走りプラクティスを行なった。参加者は8名。そのうちとれとれ初参加者は5名で、京都と久留米から遠路やって来た。地元はとりあえず2名だったが、純粋な地元民(岩国や由宇)はいなかった。この辺りが課題だが、エリア的には次回は新春ミニを実施してもよさそうだ。プラクティス恒例(?)の名前入りゼッケンとマップを配布後、模擬ブリーフィング。そして経験者3名をリーダーに班分けをしてルート探しツーリングへ。

 1班は、女性ばかりの磯島朋子班。2班は20代男性の小野幸一班。3班は、30代男性の磯島純一班。コースは、前日の調査でシリーズ戦やミニを数回実施できそうなぐらいSTが豊富なエリアから選りすぐった鉄塔巡視路と里山迷路の組み合わせ。女性班は最初の舗装林道の上りをヘルプするつもりだったが自走することに。但し途中はELルートでショートカット。でも最後の市町界尾根にはELを選択できたが果敢にもチャレンジした。

 このエリアの巡視路は、送電線ができる前から耕作地や山仕事への行き来に利用されている道で、かなりハッキリしている。また良く整備された棚田を縫うよに小径があり、開けた谷を渡るルートは絵になっていた。またレイド・クレインで探し切れなかった市町界尾根の続きも乗れるSTで、結局最後の尾根STは、全長2kmにもなった。しかしその最後の尾根で、2000年初の集団ロストが発生。説明忘れの分岐があり、尾根キープのところを下ってしまったのだ。初心者ばかりで心配され、直ぐに後を追ったが、1班の班長が含まれていたため、自力で戻ってきて一安心。

 最後は正月らしく、らしくない暖かい風が吹く海辺のテラスでの、お雑煮パーティで締めくくった。

担当クリエイター/石丸英明